アメリカ留学で驚いたこと

留学

アメリカ留学で驚いたこと

アメリカのニューヨークに格安留学したときに驚いたことは、まず食べ物の豊富さです。
日本は戦後豊かになり、先進国の仲間入りを果たしたかのように思われていますが、それは大間違いでした。
先進国の最も基本的な条件である、食べ物が好きなだけ安く手に入る、そのことが日本とアメリカでは大きく違います。

 

ハンバーガーを買えば、日本のファーストフードショップとは比べ物にならない量の、しかも美味しくてやみつきになるハンバーガーが食べられます。
ハンバーガーに限らず、ピザやステーキ、スイーツにいたるまで、とにかくあらゆるものの物量の多さに打ちのめされます。
日本の食べ物が食べられないのはないか?

 

そんな心配は無用です。今や全米に浸透したジャパニーズフードショップでそれらを手に入れることには困らないからです。
寿司屋やラーメン屋ももはや当たり前で、量はおろか、質でさえ下手な日本の店より優れているほどです。
これだけの豊富な食べ物の品揃えを下支えする、圧倒的な産業の強さを感じました。