アメリカでの外食で知っておきたいこと

アメリカの短大留学中に外食をするときは、日本とは事情が違います。
味についてですが、あまり期待しない方がよいでしょう。中には満足できる味のレストランもありますが、質よりも量を重視したお店が多いようです。

 

海外では日本食がブームで、アメリカにも日本食店があります。しかし、日本で食べる日本食とは味が違います。多くは日本人でない人が料理人で、日本で食べるものとは違ったもの味がします。日本で食べているものと同じ味だと思って食べるとがっかりします。

 

ただし、日本人が経営している日本食店なら味の心配はないでしょう。もしも日本食を食べるなら、日本人が経営しているお店を選ぶとよいでしょう。

 

日本では、中華、日本食、インド、メキシコ、タイ、韓国などさまざまなジャンルの料理を外食で食べることができますが、アメリカでは日本ほど多くの種類はなく、日本食・中華・イタリアン・メキシコ料理の4種類がほとんどです。ステーキやバーベキューなど肉をメインにしたお店もあります。