アメリカ留学は若くて時間と勢いのある時に

アメリカ留学に関するブログを見ていて思ったのですが、アメリカ留学をするなら、高校生や大学1年か2年の時に行くことをオススメします。なぜにこのぐらいの年齢でアメリカ留学に行くのがいいのかといいますと、まず「時間的余裕」ですね。大学3年生のときにアメリカ留学をしてもいいとは思うのですが、しかしあと1年で就職活動ないし資格試験だと考えたら、やはり大学1年生か2年生あたりの方が適していると思うわけです。

 

それに大学3年生ともなりますと、なんらかの国家資格を取ろうと思うと実習の時間も必要となってきますからね。たいていは4年生に集中するのですけれど、大学3年生の時に実習をする資格もありますからね。1年で資格取得となるコースですと、大学3年生で実習の時間を割くでしょう。

 

また、ただ単に「時間」の問題ではなく、やはり若さのバイタリティーがあふれている時期にアメリカ留学することに意味があると思うのです。英会話の習得には勢いだって必要ですから。積極的に話しかけられるバイタリティーこそが英会話力を伸ばしてくれたりしますからね。ですからこそ、若くて時間のある時にアメリカ留学をすることに、大きな意味があるのです。