アメリカでレンタカーするとき気をつける交通ルール

アメリカは車社会ということで知られていますが、短期留学でアメリカを訪れる際に、レンタカーを利用する方も少なくないと思います。
そこで、アメリカでレンタカーをする際のあるあるをご紹介したいと思います。

 

まずは、大体どこのレンタカーショップでも、指定しておいた車種は関係ないということです。
日本であれば、エコノミーカーを予約しておけば、それに適した車が当日には用意されています。

 

しかし、アメリカの場合は、大量にある車の中から好きなものを選んでいいよという感じなのです。
エコノミーカーに乗りたくてもない場合は、それが届くまで待つという選択肢もあります。

 

そして、絶対にアメリカでレンタカーをする際に必要なもの、それが、クレジットカードです。
日本では、最後に現金払いができますが、アメリカではできません。
必ずクレジットカード決済になりますので、それを用意してアメリカに行くようにしないと、最終的に支払いで問題が出てきてしまいます。

 

また、車社会アメリカ、そして、州によって法律が異なるアメリカでは、日本とは異なる交通ルールがあります。

 

まず、どの州にも共通していえることが、赤信号であっても、右折の際は、車が来ていなければ右折して良いということになっています。
これでちょっとイライラが回避できますよね。
ちなみにこの法律は、中南米諸国でも同じように認められている所が多いです。

 

また、チャイルドシートはどの州でもマストで、乳児から、大体満8歳くらいまで、段階に応じたチャイルドシートなどが必要になってきます。
使っていないことがわかれば罰金です。

 

そして、州によって異なりますが、通常、車線変更する際などには、バックミラーやサイドミラーを見た上で、直視を行います。
ところが、州によっては、それを義務付けておらず、ミラーだけで判断し、変更できます。

 

他にも、前車が青信号になってもなかなか進まない場合、普通はクラクションを鳴らしますが、そうやってせかすことを禁止するアメリカの州もあります。

PR|オーディオクレジットカードの即日発行じゃけんSEOアクセスアップ相互リンク集お小遣いNETサプリメント初値予想家計見直しクラブ内職 アルバイトマッサージのリアル口コミ.comサプリメント健康マニアによる無病ライフJALカード童話GetMoney住宅リフォーム総合情報アフィリエイト相互リンク貯蓄